忍者ブログ
ある特別な勉強法がわかってからは、たった1カ月たらずで中国語がスムーズにリスニングでき、ペラペラ話せるようになったのです。
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

通信教育での中国語習得は難しい?

もし今あなたが、よくある通信教育の中国語の教材で勉強しているなら、
高額な費用を支払って、中国語学校に通っているなら、
ちょっと待ってください。



 通信教育では、たくさんのテキストや材が送られてきます。
通信教育の教材のほとんどが、知識のおりまぜで、発音や単語の意味など
実際に覚えないといけないことが、多すぎるのです。



ですから、通信教育の教材に膨大な時間をかけてやり遂げた頃には、
初めに学んだことをすっかり忘れてしまっています。
これではいつまでたっても中国語を話せるようになりません。



 また、通信教育に限ったことではありませんが、
日本人がつまずきやすい中国語の発音に関する教材が
ないというのも大きな問題です。



 通信教育に限らず、最短距離で中国語を勉強している方は、
ほとんどいないのが現状です。



通信教育に限らず、間違った方法にいくら時間と費用を費やして勉強しても、
なかなか中国語を話せるようにはなりません。




一般的に中国語をマスターすることは、通信教育でも難しいと
言われていますが、決してそうではありません。



 中国語教師をしている川原 祥史(カワハラ ヨシヒト)先生の話をします。

川原先生は通信教育で中国語をマスターしたわけではありませんが、
川原先生が中国語を習得するまでの道のりは、
とてつもないほどのまわり道だったそうです。



もちろんはじめは、自分のやっている勉強法でいつか中国語が話せるようになる
と疑いもしませんでした。しかし、どんなに時間と労力と費用を費やしても、
一向に中国語が話せるようにならなかったのです。



「発音の違いがよくわからない・・・」
「覚えたはずの単語の意味も、会話ででてくるとピンとこない・・・」
「あんなにたくさん暗記したのに、いざ現地で使おうとしても、全然通用しない・・・」



こんな調子で、どんなに頑張っても、川原先生の中国語は一向に上達しませんでした。
けれど、いつまでたっても中国語を話せるようになる気配すらなかった川原先生は、
あることに気づいてからというもの、たった1か月たらずで、
中国語がペラペラ話せるようになったそうです。



今まで間違った勉強法に費やした期間は2年と8カ月・・・。
それだけの時間を費やしても、現地では思うように中国語が話せませんでした。
それなのに、ある特別な勉強法がわかってからは、たった1カ月たらずで
中国語がスムーズに、ペラペラ話せるようになったのです。



「結局、合計3年弱も勉強したから、話せるようになったのでは?」
とあなたは思うかもしれませんが、川原先生の生徒さんたちは皆、
たった1か月で全く中国語が話せない状態から日常会話が話せるようになっています。



4,000人以上の方が証明してくれいている、まぎれもない事実なのです。
川原先生の勉強法は通信教育ではありません。



川原先生の勉強法に興味がある方、
川原先生の勉強法を使って中国語が話せるようになりたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・☆中国語☆わずか50個の動詞で話せる中国語




PR
ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31